埋設型枠による省力化施工

埋設型枠による省力化施工

コンクリート構造物の施工性向上

埋設型枠による省力化施工




コンクリート埋設型枠を使用することで、安全に省力化施工ができます。

場所打ちコンクリート構造物の構築において、埋設型枠を活用することにより、省力化と作業環境の向上及び周辺環境への影響を抑制することができます。

※埋設型枠とは、ここでは脱型不要のコンクリートパネルのことをいいます。





山間部 砂防堰堤 ウォールパネル


ウォールパネルは砂防ダム・堰堤及び擁壁等のコンクリート構造物を構築する際に型枠として使用し、現場打ちコンクリート構造物の表面を形成すると共に、構造物の一部となる大型の埋設型枠です。(NETIS掲載期間終了技術)

 → ウォールパネルの製品情報はこちら

 → ウォールパネルの実績写真はこちら



山間部 プロテロックメーク ピアスワンダー


プロテロックメーク ピアスワンダーは砂防ダム・堰堤等のコンクリート構造物を構築する際に使用する組立・加工が簡単な薄肉コンクリート製の型枠です。メークは化粧型枠で意匠性があり壁前面の見えるところに、またピアスワンダーは壁背面に使用されることが多いです。(NETIS掲載期間終了技術)

 → プロテロックメーク ピアスワンダーの製品情報はこちら

 → プロテロックメーク ピアスワンダーの実績写真はこちら



海岸部 鋼管矢板護岸ブロック ハーバーキャップ



ハーバーキャップは、鋼管、鋼矢板を用いて構築される防波堤の上部(コーピング部)巻立部を施工する際に埋設型枠として使用される塩害に強いプレキャストブロックです。




  → ハーバーキャップの製品情報はこちら

  → ハーバーキャップの実績写真はこちら

  → 工期短縮事例へ (約35%削減)


海岸部 港湾直立護岸パネル


港湾直立護岸パネルは、被災・老朽化した岸壁を安全に短期間で復旧できる腹付工用プレキャストコンクリート製埋設型枠です。

  → 港湾直立護岸パネルの製品情報はこちら

  → 残置型枠工法紹介へ


当社は、これまで多くのコンクリート埋設型枠を製造しております。

コンクリート構造物構築の工期短縮や安全性の向上をご検討の際には、お気軽に御一報ください。

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

敷鉄板を併用し施工中の交通開放を可能とした車道拡幅 のご紹介

大阪営業所の今石です。
今回は、山間部の生活道の車道拡幅施工事例を紹介いたします。

技術情報

2024年01月17日 

【お知らせ】根固め工 力学的安定の照査法に関する修正について


2023年12月26日 

日建連2023にて土木賞を受賞しました。


2023年11月06日 

はやせC型取扱い終了のお知らせ


2023年10月12日 

九州 インフラ技術産業EXPOに出展しました!


2023年10月05日 

港湾工事の生産性向上の実現を目指して のご紹介


新着情報

2024年05月09日 

【高校生と見つける、私たちのSDGs】地元の高校生がランデスの取組みを勉強に来てくれました!ー KSB瀬戸内海放送(外部リンク)


2023年12月12日 

【おかやまSDGsアワード2023】ランデスの取組みが「優良な取組み」として表彰されました!ー 真庭いきいきテレビ 0:37~(外部リンク)


2023年08月09日 

【おかやまSDGsフェア】真庭市長が展示ブースに来て頂きました! ー 真庭いきいきテレビ 0:38~(外部リンク)


2023年08月04日 

【来場御礼】おかやまSDGsフェア2023に出展致しました。多くのご来場ありがとうございました!(外部リンク)


2023年05月25日 

ランデスグループの温室効果ガス排出削減目標がSBTイニシアチブによる認定を取得しました。(PDFリンク)