安全上の注意

安全上の注意

安全上の注意

コンクリート製品は重量物ですので、取り扱いにあたっては下記の事項にご注意頂き、安全な工事をお願い致します。

表示マークの説明

この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容を示します。


この記号は、禁止の行為であることを告げるものです。
(~してはいけません)


製品が落下したときに大事に至らないように、次の事項をお守りください。

  • 吊り上げた製品の下には絶対に入らないでください。(製品が落下した場合に、死亡事故の恐れがあります。)
  • 吊り上げた製品の移動方向には絶対に入らないでください。挟まれ事故の恐れがあります。
  • 製品の吊り上げ時間が必要最低限となるように作業手順の調整を行ってください。
  • 製品を吊り上げた状態でしばらく作業を行えない場合は、製品を地表面に近い位置で待機させてください。
  • 吊り上げた製品には決められた人員以外は近づかないようにしてください。
  • 作業者は声を掛け合って互いの位置を確認し、安全に注意して作業を行ってください。
  • 製品の吊り上げ及び移動は、必要以上に高く吊り上げないでください。
  • 製品を反転する場合、なだらかで十分に広い場所を選び、規格に適合した吊り金具を使用して行ってください。
    (製品の横転による事故・吊り金具の破損による怪我などが発生する恐れがあります。)

その他事故防止のため、次の事項をお守りください。

  • 製品を吊り上げた状態で水平になるようにワイヤー長さを調整し、場合によっては補助吊り具を使用してください。
  • 横転事故やワイヤー及び吊り金具が跳ねて怪我をする場合があるため、
    据付け完了までワイヤー及び吊り金具は取り外さないでください。
  • 横転事故の防止のため、吊り上げに使用するワイヤーは素線の断線やキンク・かたくずれが無いことを確認し、
    吊り金具は深刻な傷や歪みが生じていないことを確認してください。
  • 据付け完了後、吊り金具を外す場合は荷重が掛っていない状態で取り外してください。
    (ワイヤー及び吊り金具が跳ねて怪我をする場合があります。)
  • 作業に使用する重機の操作は、必ずその重機に適合した資格を有する人が行ってください。
    (資格がない人が操作しますと事故の原因となります。)
  • クレーンオペレーターへの指示は、決められた1名の人が合図してください。
    (複数の人が指示しますと作業が混乱し、事故の原因となります。)

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

大型積みブロックで調整池護岸構築を提案 のご紹介

大阪営業所の梅田です。
今回は京都府の城陽IC付近に国土交通省管理の調整池の新設工事において、調整池護岸に採用されたエコボックス逆台形直積み擁壁の施工実績をご紹介します。

技術情報

2019年03月26日 

置くだけ簡単!GUブロック施工事例 のご紹介


2019年02月19日 

スリップ防止!段差を解消!みんなに優しいスリット側溝 のご紹介


2018年11月30日 

交通遮断なし! 道路災害復旧工法の事例ご紹介


2018年10月26日 

3Dイメージを回して製品形状を確認! のご紹介


2018年09月19日 

連結力の高さを実証!置式仮設柵用基礎「GUブロック」 のご紹介


新着情報

2019年01月11日 

社長就任 及び、会長就任のご挨拶を掲載いたしました。


2018年11月23日 

小動物保護側溝ハイダセールが、日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 - 2018年11月22日放送分にて、クイズの問題として紹介されました。


2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。