プレキャストコンクリート製残置型枠工法

プレキャストコンクリート製残置型枠工法

プレキャストコンクリート製残置型枠工法


 「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」は、コンクリート製の重力式係留船岸(岸壁・物揚場)または同様の構造となる既存施設において、施設性能の維持・改善または向上のために実施される水中コンクリートによる「腹付け工」をプレキャストコンクリート製の型枠を構造物の一部とする工法により、効率的かつ安全に施工する技術です。



■特長

・分割パネルによる施工のため、広い作業ヤードや大型重機が不要です。

・各段でボルトによる高さ調整ができるため、位置合わせが容易です。

・パネルと現況護岸はセパレータで接続し、間に水中コンクリートを打設します。

・側壁部と現況護岸との間はスライド板等を取付けてふさぐことができます。

・最下段パネルには予め漏洩防止シートを取付けられます。

・最上段パネルには上部工用の型枠が取付可能なインサートが埋設されています。

・控え壁が端部にあり、延長方向10mピッチで縁切りしやすい形状です。

・海洋構造物に適したコンクリート「ハレーサルト」で製造した場合は、普通コンクリートに比べ約倍の耐塩害性を有しています。

 更に、CO2排出量も約40%削減可能です。






■ 港湾直立護岸パネルの製品ページへ


海洋構造物関連技術

■ 大型鋼矢板護岸ブロック ハーバーキャップ

■ プレキャスト桟橋





会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介

山口営業所の三上です。

ボックスカルバートなどの施工時、当初想定していなかった埋設ケーブルなどで工法再検討された経験はありませんか。
埋設されていた通信ケーブルにより当初計画の通常施工が困難となった箇所において、ボックスベアリング横引き工法の採用により、構造を変更することなくボックスカルバートを施工した事例を紹介します。

技術情報

2021年04月16日 

四季の自然に囲まれた兼用護岸 景観に配慮したエコボックス施工事例 のご紹介


2020年12月21日 

施工時の通行確保!張出歩道の施工事例 のご紹介


2020年11月27日 

ハレーサルトL型擁壁が国土交通省新技術情報提供システムNETIS登録となりました。


2020年10月20日 

クレーン施工に制限のある工事にて採用!ボックスベアリング横引き工法 のご紹介


2020年09月15日 

大型矢板護岸ブロックで老朽化護岸を改修 のご紹介


新着情報

2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。


2019年10月01日 

山口営業所 移転いたしました。


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)