プレキャストコンクリート製残置型枠工法

プレキャストコンクリート製残置型枠工法

プレキャストコンクリート製残置型枠工法


 「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」は、コンクリート製の重力式係留船岸(岸壁・物揚場)または同様の構造となる既存施設において、施設性能の維持・改善または向上のために実施される水中コンクリートによる「腹付け工」をプレキャストコンクリート製の型枠を構造物の一部とする工法により、効率的かつ安全に施工する技術です。



■特長

・分割パネルによる施工のため、広い作業ヤードや大型重機が不要です。

・各段でボルトによる高さ調整ができるため、位置合わせが容易です。

・パネルと現況護岸はセパレータで接続し、間に水中コンクリートを打設します。

・側壁部と現況護岸との間はスライド板等を取付けてふさぐことができます。

・最下段パネルには予め漏洩防止シートを取付けられます。

・最上段パネルには上部工用の型枠が取付可能なインサートが埋設されています。

・控え壁が端部にあり、延長方向10mピッチで縁切りしやすい形状です。

・海洋構造物に適したコンクリート「ハレーサルト」で製造した場合は、普通コンクリートに比べ約倍の耐塩害性を有しています。

 更に、CO2排出量も約40%削減可能です。






■ 港湾直立護岸パネルの製品ページへ


海洋構造物関連技術

■ 大型鋼矢板護岸ブロック ハーバーキャップ

■ プレキャスト桟橋





会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

交通遮断なし! 道路災害復旧工法の事例ご紹介

今回は岩手県において、災害復旧に採用された大型ブロック積み擁壁の施工実績をご紹介します。

平成28年8月の台風10号で被災した国道340号はバス路線でもあり、路肩崩壊箇所の早期復旧が求められました。

技術情報

2018年10月26日 

3Dイメージを回して製品形状を確認! のご紹介


2018年09月19日 

連結力の高さを実証!置式仮設柵用基礎「GUブロック」 のご紹介


2018年08月22日 

漁港プレキャスト工法研究会「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」『港湾直立護岸パネル』が第2回「インフラメンテナンス大賞」<農林水産省>特別賞を受賞しました。(外部リンク:国土交通省サイトへ)


2018年08月21日 

集水能力の優れた側溝蓋 流レール蓋 施工実績のご紹介


2018年07月11日 

護岸ブロック明度測定結果 情報を更新しました。


新着情報

2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。


2018年05月23日 

簡易張り出し車道 ロードプラスの実績写真を2件追加しました。


2018年01月31日 

構造物据付工法 サンKクリア工法の実績写真を2件追加しました。