SDGsに向けてのとりくみ

SDGsに向けてのとりくみ

SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみ

SDGsとは

GOALS

「SDGs(Sustainable Development Goals)持続可能な開発のための2030アジェンダ」は、国連加盟193ヶ国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標であり、2015年9月の国連サミットにおいて採択されました。

国際連合広報センター:持続可能な開発>2030アジェンダ

外務省:SDGs(持続可能な開発目標)持続可能な開発のための2030アジェンダ

日本では、2016年5月に第1回「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合」が開催され、持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針が決定されました。

首相官邸: 持続可能な開発目標(SDGs)推進本部

弊社におきましても、設立以来、治山治水等の国土保全の基盤に、上下水道・公園・学校等の生活基盤に、道路・鉄道・港湾・空港等の産業基盤に向け、様々な製品の研究開発、普及に取り組んでおります。

近年では、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の「SIP インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」(管理法人:NEDO)によって、高炉スラグ細骨材(BFS)をコンクリート用細骨材として100%使用した「BFSコンクリート」を用いた、耐久性に優れたプレキャストRC製品の研究、開発を実施しています。

製鉄所から排出される副産物である高炉スラグを有効利用したBFSコンクリートは緻密であるため、耐塩害性、耐凍害性、複合劣化、耐硫酸性に優れ、普通コンクリートに比べ約40%のCO2排出を削減でき、また、原材料として製鉄の副産物である高炉スラグを約50%使用するため、資源循環にも貢献します。

BFSコンクリートであるハレーサルトは、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による助成を受け、岡山大学・広島大学・秋田大学・ランデス株式会社の産学共同研究により開発されたコンクリート素材で、普通コンクリートに比べ、耐塩害性で5倍以上、耐凍害性で5倍以上、耐硫酸性で3倍以上の設計耐用期間を有しており、現在、ハレーサルト工業会各社を通じ、全国に普及を図っています。(ハレーサルト 特許:取得済・NETIS登録:4件・NETIS掲載期間終了技術:2件・第17回 国土技術開発賞:入賞・SCMT3 2013:先駆的技術賞受賞)

持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、弊社の取り扱う河川環境、擁壁、道路、貯留、法面、下水道、水路農業用、海洋製品、ダム関連製品を通じ、皆様の安全・安心な生活環境の構築、維持更新への貢献、BFS、ハレーサルトを用いた超耐久コンクリート製品の普及を推進し、国土強靭化ならびにインフラの長寿命化に貢献します。

GOALS

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

交通遮断なし! 道路災害復旧工法の事例ご紹介

今回は岩手県において、災害復旧に採用された大型ブロック積み擁壁の施工実績をご紹介します。

平成28年8月の台風10号で被災した国道340号はバス路線でもあり、路肩崩壊箇所の早期復旧が求められました。

技術情報

2018年10月26日 

3Dイメージを回して製品形状を確認! のご紹介


2018年09月19日 

連結力の高さを実証!置式仮設柵用基礎「GUブロック」 のご紹介


2018年08月22日 

漁港プレキャスト工法研究会「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」『港湾直立護岸パネル』が第2回「インフラメンテナンス大賞」<農林水産省>特別賞を受賞しました。(外部リンク:国土交通省サイトへ)


2018年08月21日 

集水能力の優れた側溝蓋 流レール蓋 施工実績のご紹介


2018年07月11日 

護岸ブロック明度測定結果 情報を更新しました。


新着情報

2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。


2018年05月23日 

簡易張り出し車道 ロードプラスの実績写真を2件追加しました。


2018年01月31日 

構造物据付工法 サンKクリア工法の実績写真を2件追加しました。