現地発生土を有効活用!高速道路で大型ブロック擁壁のご紹介

現地発生土を有効活用!高速道路で大型ブロック擁壁のご紹介

現地発生土利用!高速道路で大型ブロック積み擁壁を短期施工


大阪営業所の梅田です。

今回は新名神高速道路に施工されました大型ブロック積み擁壁の施工実績をご紹介します。

中詰め材に現地発生土を利用できる製品のお問合せを頂きました。また、断面を可能な限り薄くすることでコストを最小限に抑え、御採用頂きました。


施工実績紹介
発注者:西日本高速道路株式会社
工事名:新名神高速道路美濃山東工事
施工場所:京都府八幡市内里河原
製品:エコボックス 1400型~3000型
施工延長:H=4.5~7.5m程度  L=72m
工事概要:新名神高速道路美濃山東工事 
採用理由:

各高さに応じて最適な断面形状を選定することで経済的な断面となりました。

現場発生土を有効利用でき、プレキャスト製品による工期短縮が可能であることが採用の決め手となりました。

施工業者様の声:プレキャスト製品を活用することで限られた時間での施工において、工期短縮及び省人力化を図ることができました。


参考断面図





施工実績写真


エコボックスの中詰め材には現地発生土を利用しました。

現場から運び出さないといけない土砂の一部を有効活用することができました。


最下段を前方に出して配置することで、擁壁断面を小さくすることができます。

(設計条件によります。)


天端を仕上げて大型ブロック積み擁壁の施工完了です。



この上に新しい高速道路の料金所が出来ます。


施工業者様の大変速やかな施工により予定通りの工期で新しい高速道路区間が開通し、

利便性がより一層向上しました。


製品情報

エコボックス逆台形式直積み擁壁製品情報はこちら

エコボックス逆台形式直積み擁壁実績写真はこちら

そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

大阪府北部地震の影響確認 エコボックス 逆台形直積み擁壁 のご紹介

大阪営業所の今石です。
今回は2012年に施工しましたエコボックス 逆台形直積み擁壁の経過をご紹介します。
2018年6月18日午前7時58分、大阪府北部を震源とした最大震度6弱の地震が発生しました。
大阪府では観測史上初の大きな地震となりました。
この地区は震源地に近く震度6弱を記録したため、地震の影響がないか現地を訪れ、目視にて影響確認を行いました。

技術情報

2018年11月30日 

交通遮断なし! 道路災害復旧工法の事例ご紹介


2018年10月26日 

3Dイメージを回して製品形状を確認! のご紹介


2018年09月19日 

連結力の高さを実証!置式仮設柵用基礎「GUブロック」 のご紹介


2018年08月22日 

漁港プレキャスト工法研究会「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」『港湾直立護岸パネル』が第2回「インフラメンテナンス大賞」<農林水産省>特別賞を受賞しました。(外部リンク:国土交通省サイトへ)


2018年08月21日 

集水能力の優れた側溝蓋 流レール蓋 施工実績のご紹介


新着情報

2019年01月11日 

社長就任 及び、会長就任のご挨拶を掲載いたしました。


2018年11月23日 

小動物保護側溝ハイダセールが、日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 - 2018年11月22日放送分にて、クイズの問題として紹介されました。


2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。