東大寺奈良公園内ロードプラス実績紹介(2011年5月記事再アップ)

東大寺奈良公園内ロードプラス実績紹介(2011年5月記事再アップ)

東大寺奈良公園内ロードプラス実績紹介


奈良県奈良市


奈良・和歌山のエリアを担当している景環システム(株)の萩原です。

真新しい舗装で仕上げている道路部の拡幅をロードプラスで行いました。

延長21mの拡幅をなんと!1日で施工してしまいました。施工業者様の段取りの良さと施工スピードの早さに圧倒されながら1.5m程度の拡幅でこんなにも広くなるのかっ!と私自身驚いているところです。奈良市役所の方や地元住民の方々も広くなった道路を見て非常に喜んで頂きました。

道路拡幅が必要な狭い道路、水路や河川に影響させずに拡幅したい・・・

こんなお悩みは「ロードプラス」が解決します。

     “安くて・早くて・安全に”

是非御一報下さい。全国何処へでもお伺いします。


施工実績紹介

工事概要

採用理由:

場所は、奈良公園内の市道です。観光シーズンになれば道路が狭いことから離合ができず、大渋滞を起こしていたようです。

施工に際し、文化庁の文化財保護地域ということで下記の条件が求められました。

1. 水路を暗渠にしてはならない。

2. 石積みを残さなければならない。

これらの条件を満足する「ロードプラス」が採用されました。

施工実績写真

施工前

1.道路拡幅前(西→東)


観光シーズンには道路が狭いために大渋滞を起こしていた場所です。


2. 道路拡幅前(東→西)


既設道路は幅員3mから4.5mで路肩にガードレールもあり、離合がし難い状況でした。


施工中

3. 製品据付中(西→東)


製品の据付は1日で終了。


4. 製品据付中(東西


据付がスムーズに行なえたため、施工業者の方にもご好評を頂きました。


5. 製品据付状況(西→東)


据付完了!まだ先が次回の工事で行われる予定です。


6. 拡幅状況


ロードプラス下部は石積み化粧型枠で擁壁を再構築し、対岸は既設の石積み擁壁を残して景観に配慮しています。


施工後

7. 道路拡幅後(西→東)


「水路を暗渠にしない」は張り出し構造で問題解決。張り出し構造により水路への影響はありません!


8. 道路拡幅後(東→西)


ロードプラス1500を使用することで、幅員が4.8mから6.0mと広くなり、離合し易くなりました。ガードレールは景観に配慮して着色されました。


<営業イチ押し製品>

ロードプラス


平成15年7月の道路構造令改訂に伴い、1.5車線的道路整備が採用され、狭小部での小規模道路拡幅の需要は増加しています。ロードプラスは、山間部等の狭小幅員道路、河川等の影響により施工が困難な道路の拡幅が可能です。

■張り出し車道ブロック「ロードプラス」の製品情報へ

張り出し車道ブロック「ロードプラス」の実績写真へ



そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

民家に近接した擁壁上部の車道拡幅 のご紹介

大阪営業所の梅田です。
今回は京都府相楽郡和束町において、和束小学校・和束中学校の通学路であり、道路が狭いという課題に対する道路拡幅に採用されたロードプラスの施工実績をご紹介します。

技術情報

2019年06月19日 

民家に近接した擁壁上部の車道拡幅 のご紹介


2019年05月28日 

「高炉スラグ細骨材を用いたプレキャストコンクリート製品の設計・製造・施工指針(案)」講習会の開催(外部リンク:ハレーサルト工業会)


2019年05月13日 

大型積みブロックで調整池護岸構築を提案 のご紹介


2019年03月26日 

置くだけ簡単!GUブロック施工事例 のご紹介


2019年02月19日 

スリップ防止!段差を解消!みんなに優しいスリット側溝 のご紹介


新着情報

2019年05月31日 

佐波川総合水防演習でパネル展示を行いました!


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)


2018年11月23日 

小動物保護側溝ハイダセールが、日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 - 2018年11月22日放送分にて、クイズの問題として紹介されました。


2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。