テールアルメ工法 高垂直盛土が可能な帯鋼補強土擁壁工法 | ランデス

テールアルメ工法 高垂直盛土が可能な帯鋼補強土擁壁工法 | ランデス

テールアルメ工法

テールアルメ.JPG

特長

1.最小限の用地幅で済みます
テールアルメ工法は、垂直盛土のため用地は最小限ですみ、用地の有効利用ができます。

2.短期間で施工できます
テールアルメ工法は規格化されたプレハブ工法のため現場での施工性がよく、工期短縮が可能です。

3.特殊技術は要りません
テールアルメ工法の部材の組立てや施工は、規格材の組合せのため、熟練工や特殊な技術は不要です。

4.高垂直盛土ができます
テールアルメ工法は、従来の擁壁に比べ低コストで高い垂直盛土ができます。

5.部材の品質管理は安心です
テールアルメ工法の使用部材は、全て厳しい品質管理のもとに、日本テールアルメ協会認定工場で製作される規格品で現場では安心して使えます。

6.比較的軟らかい地盤でも施工できます
テールアルメ工法は、フレキシブル構造のため基礎地盤への荷重は等分布となり、より広範囲な地盤にも適用できます。

7.無公害工法です
テールアルメ工法は規格品の組合せが大半を占める静かな工事で、一般に杭打などを必要としないので騒音や振動等はほとんどありません。

8.美しいデザインができます
テールアルメ工法は規格部材の他に、用途や環境調和等目的に合わせたカラースキン、デザインスキンも製作できます。

販売エリア

東北、関東、岡山、山陰、広島、山口、近畿

概要・設計条件

概要・設計条件

施工手順
概要・設計条件

関連製品


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

歩行者の安全確保のためにGUブロック(NETIS:T-160028-VE)にて歩車道を分離 のご紹介

今回は、歩行者の安全確保のために採用されましたガードレール連続基礎ブロック(GUブロック)のご紹介を致します。

技術情報

2021年08月10日 

歩行者の安全確保のためにGUブロック(NETIS:T-160028-VE)にて歩車道を分離 のご紹介


2021年07月06日 

グリーンインフラとは? 要素技術 のご紹介


2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


2021年06月09日 

流域治水への転換 ハード対策における関連技術 のご紹介


2021年05月10日 

国土交通省「コンクリート生産性向上検討協議会」にて大型構造物へのPCa製品の導入促進を検討 のご紹介


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(OHK岡山放送「梅雨からカエルを守る!「優しい」コンクリート製品とは?【岡山・真庭市】」へリンク)


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。