【新製品】ガードレール基礎や側溝の設置が可能な張出歩道ブロック施工実績のご紹介

【新製品】ガードレール基礎や側溝の設置が可能な張出歩道ブロック施工実績のご紹介

ガードレール基礎や側溝の設置が可能な張出歩道ブロック施工実績のご紹介


山口県岩国市


山口営業所の原です。

今回は新製品、ニューセーフティロードの施工事例をご紹介します。


施工実績紹介
発注者:山口県岩国土木建築事務所
工事名:平成26年度一般国道187号交通安全(防災安全交付金)工事第2工区
施工場所:山口県岩国市荒瀬
製品:ニューセーフティロード NSR-20
施工延長:107m
工事概要:山口県東部を南北に横断する国道187号において既設の石積み護岸を補強した上部にプレキャスト歩道を設置して歩道を確保した。
採用理由:幹線道路上における工事であり、工事期間の短縮と早期な通行開放が図られるため
施工業者様の声:初めて使う製品で最初の1本目、2本目の設置に手間取ったが徐々に慣れていった。S字カーブの施工であったため、微調整が難しかったが、見栄え良く仕上げることができた。

参考断面図


施工実績写真

1. 基礎の均し状況


基礎コンクリートの上に敷きモルタルを施工します。


2. 吊り荷姿(吊り金具の取付)


専用の吊上げ金具を使用することで安定します。


3. 施工状況



4. 鉄筋の配置


鉄筋は底版上に設置するため配筋が容易です。


5. コンクリート打設



6. 初日 据え付け完了


本現場ではガードレール基礎を設置しますが、側溝なども設置可能です。

ボルトで高さ調整を行い、中詰めコンクリートと基礎コンクリートを同時に打設することで工期を短縮することができます。

詳しくは、ニューセーフティロードの製品紹介をご覧ください。

そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

交通遮断なし! 道路災害復旧工法の事例ご紹介

今回は岩手県において、災害復旧に採用された大型ブロック積み擁壁の施工実績をご紹介します。

平成28年8月の台風10号で被災した国道340号はバス路線でもあり、路肩崩壊箇所の早期復旧が求められました。

技術情報

2018年10月26日 

3Dイメージを回して製品形状を確認! のご紹介


2018年09月19日 

連結力の高さを実証!置式仮設柵用基礎「GUブロック」 のご紹介


2018年08月22日 

漁港プレキャスト工法研究会「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」『港湾直立護岸パネル』が第2回「インフラメンテナンス大賞」<農林水産省>特別賞を受賞しました。(外部リンク:国土交通省サイトへ)


2018年08月21日 

集水能力の優れた側溝蓋 流レール蓋 施工実績のご紹介


2018年07月11日 

護岸ブロック明度測定結果 情報を更新しました。


新着情報

2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。


2018年05月23日 

簡易張り出し車道 ロードプラスの実績写真を2件追加しました。


2018年01月31日 

構造物据付工法 サンKクリア工法の実績写真を2件追加しました。