歩行者に安全と安心をもたらす張出し歩道 | ニューセーフティロード

歩行者に安全と安心をもたらす張出し歩道 | ニューセーフティロード

ニューセーフティロード

NETIS CG-130006-VE

nsr_s.jpg

特長

安全性
張出床版により道路の路肩に安全な歩道が確保されます。
底版コンクリートの打設により、隣接する製品や基礎との密着が図られ、底版上の土砂等の重量を含めて、外力に抵抗して安定します。

施工性
ボルトによる高さ調整が行え、基礎コンクリートと底版コンクリートの同時打設が可能なため、工期の大幅な短縮と交通障害の軽減が図れます。

適応性
現場条件に合わせて張出し長さや製品高さの選定が可能です。
製品高さの調整により、様々な路肩構造物に対応できます。
片持式の張出し構造のため、河川や水路沿いの場合でも流水断面を阻害することなく歩道拡幅が行えます。

経済性
省力化による人件費、工期短縮による共通仮設費などトータルコストの低減が図れます。
高耐久性コンクリート(ハレーサルト)を使用した場合、塩害や凍害に対する抵抗性が大幅に向上するため、ライフサイクルコストの低減も図れます。

認定情報

NETIS 登録番号:CG-130006-VE
ハレーサルト張り出し歩道
CG-130006-VE

販売エリア

東北、関東、岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

概要・設計条件

概要・設計条件
概要・設計条件

施工参考図
概要・設計条件

参考製品図
概要・設計条件

製品吊り上げ方法
概要・設計条件

参考歩掛かり
概要・設計条件

塩害や凍害対応にはハレーサルト製の張出し歩道

関連製品

関連リンク


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介

山口営業所の三上です。

ボックスカルバートなどの施工時、当初想定していなかった埋設ケーブルなどで工法再検討された経験はありませんか。
埋設されていた通信ケーブルにより当初計画の通常施工が困難となった箇所において、ボックスベアリング横引き工法の採用により、構造を変更することなくボックスカルバートを施工した事例を紹介します。

技術情報

2021年04月16日 

四季の自然に囲まれた兼用護岸 景観に配慮したエコボックス施工事例 のご紹介


2020年12月21日 

施工時の通行確保!張出歩道の施工事例 のご紹介


2020年11月27日 

ハレーサルトL型擁壁が国土交通省新技術情報提供システムNETIS登録となりました。


2020年10月20日 

クレーン施工に制限のある工事にて採用!ボックスベアリング横引き工法 のご紹介


2020年09月15日 

大型矢板護岸ブロックで老朽化護岸を改修 のご紹介


新着情報

2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。


2019年10月01日 

山口営業所 移転いたしました。


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)