魚類や底生生物の生息場所を確保した環境型水路 | エコ水路工法

魚類や底生生物の生息場所を確保した環境型水路 | エコ水路工法

エコ水路工法

エコ水路.jpg

特長

底穴タイプは水路底に砂礫や水を溜めて、カニやドジョウ・二枚貝等の底生生物の生息場所を形成し、横穴タイプは水路の横に設置することで小型淡水魚や稚魚等の生息・避難場所となる空間を確保します。

1.底穴タイプ(底穴ブロック)
底穴ブロックは、下流から上流側に向かって開口しているため内部の水流が穏やかになり、若干の土砂が堆積することでドジョウやカニ等の底生生物が早期に棲息します。また、増水時や鳥類の捕食から身を護る隠れ場所としても効果的です。

2.横穴タイプ(横穴ブロック)
水路の深底部に10cmの隙間を設け、横穴ブロックを側壁の外側に設置するだけで様々な魚種が棲息できる「多自然魚巣ブロック」となります。 内部は奥行きが深く水路の流速に影響されにくい静穏域が形成されるため、メダカやその他の稚魚が増水時に流されにくく、長期にわたって棲息できる環境が確保されます。

3.併用タイプ
上記の2タイプを組み合わせて設置するため、最も生態系に配慮した水路を構築できます。

認定情報

ARIC 登録番号:345
魚巣機能付 環境型水路
農業農村整備民間技術情報データベース

販売エリア

岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

概要・設計条件

概要・設計条件
概要・設計条件

関連製品


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

民家に近接した擁壁上部の車道拡幅 のご紹介

大阪営業所の梅田です。
今回は京都府相楽郡和束町において、和束小学校・和束中学校の通学路であり、道路が狭いという課題に対する道路拡幅に採用されたロードプラスの施工実績をご紹介します。

技術情報

2020年01月17日 

張出歩道「セーフティロード」一部規格の取扱い終了について(PDF)


2019年10月07日 

パネル展示を行いました! 日本オオサンショウウオの会 真庭大会


2019年06月19日 

民家に近接した擁壁上部の車道拡幅 のご紹介


2019年05月31日 

佐波川総合水防演習でパネル展示を行いました!


2019年05月13日 

大型積みブロックで調整池護岸構築を提案 のご紹介


新着情報

2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。


2019年10月01日 

山口営業所 移転いたしました。


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)


2018年11月23日 

小動物保護側溝ハイダセールが、日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 - 2018年11月22日放送分にて、クイズの問題として紹介されました。