大型フリューム水路 | FTフリューム

大型フリューム水路 | FTフリューム

FTフリューム

FT.JPG

特長

1.優れた施工性
FTフリュームは軽量化された長さ2mの大型水路であるため、現場打ち水路に比べ大幅な省力化と工期短縮が図れます。

2.豊富なバリエーション
・ 階段落差タイプ
 落差の緩和流速低減に高い効果を発揮します
・ L形タイプ
 片側だけの施工や一体化製品が搬入できないような場所などにご利用」いただけます。
・ 底抜きタイプ
 底部にコンクリート打設することで、磨耗が懸念される場合や落差工を構築する場合に効果的です。
・ DVタイプ
 底部の後付け突起で流速をダウンする効果があります

3.環境保全
エコ水路工法と組み合わせて施工することにより、生態系保全区間をつくることができます。

認定情報

ARIC 登録番号:333
プレキャスト大型水路
農業農村整備民間技術情報データベース
岡山県エコ製品 FTフリューム
岡山県エココンクリート製品共同組合 鉄筋コンクリート大型フリューム(FTフリューム)
山口県認定リサイクル製品 登録番号:認定番号467
資源循環:ステンレススラグ

販売エリア

岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

概要・設計条件


FTフリューム水路バリエーション
概要・設計条件

参考歩掛かり
概要・設計条件

大型フリューム水路の施工工法例 通常施工
概要・設計条件

大型フリューム水路の施工工法例 住宅等近接施工
概要・設計条件

大型フリューム水路の施工工法例 道路橋の下に施工
概要・設計条件

プレキャストフリュームと場所打ち水路の比較
概要・設計条件

プレキャストフリュームと場所打ち水路の経済比較
概要・設計条件

プレキャストフリュームと場所打ち水路の工期比較
概要・設計条件

エコ水路工法(生態系保全水路工法)
概要・設計条件

FTフリューム寸法表
概要・設計条件
概要・設計条件
概要・設計条件
概要・設計条件
概要・設計条件
概要・設計条件
概要・設計条件
概要・設計条件

関連製品

関連リンク


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介

山口営業所の三上です。

ボックスカルバートなどの施工時、当初想定していなかった埋設ケーブルなどで工法再検討された経験はありませんか。
埋設されていた通信ケーブルにより当初計画の通常施工が困難となった箇所において、ボックスベアリング横引き工法の採用により、構造を変更することなくボックスカルバートを施工した事例を紹介します。

技術情報

2021年04月16日 

四季の自然に囲まれた兼用護岸 景観に配慮したエコボックス施工事例 のご紹介


2020年12月21日 

施工時の通行確保!張出歩道の施工事例 のご紹介


2020年11月27日 

ハレーサルトL型擁壁が国土交通省新技術情報提供システムNETIS登録となりました。


2020年10月20日 

クレーン施工に制限のある工事にて採用!ボックスベアリング横引き工法 のご紹介


2020年09月15日 

大型矢板護岸ブロックで老朽化護岸を改修 のご紹介


新着情報

2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。


2019年10月01日 

山口営業所 移転いたしました。


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)