沿岸部にもおすすめ!高炉スラグ細骨材を利用して高耐久・低コストを両立した耐塩害性カルバート のご紹介

沿岸部にもおすすめ!高炉スラグ細骨材を利用して高耐久・低コストを両立した耐塩害性カルバート のご紹介

沿岸部にもおすすめ!高炉スラグ細骨材を利用して高耐久・低コストを両立した耐塩害性カルバート 


四国営業所の中山です。

今回は、塩害対策の必要な沿岸部のボックスカルバートの更新において採用されたハレーサルトボックスカルバートの施工実績をご紹介します。


施工実績紹介
発注者:高知県高知市役所様
工事名:潮江9号線
施工場所:高知県高知市横浜地内
製品:大型2分割ボックスカルバート:3300×1100
施工延長:L=7m(7本)
工事概要:

海岸に面した道路の横断ボックスの老朽化に伴いボックスカルバートを更新する工事です。水位の影響を受けるため、場所打ち作業が不要で施工性に優れたプレキャストボックスカルバートを使用しました。施工は片側交互通行で2期施工にて据付を行い、交通への影響を最小限に留めました。

採用理由:

海岸沿いのため塩害対策が必要であり、通常検討されるエポキシ樹脂塗装鉄筋を使用したボックスカルバートと比較して低コストで耐塩害性のあるハレーサルト製大型2分割ボックスカルバートが採用となりました。

発注者様の声:

従来の塩害対策では、エポキシ樹脂塗装鉄筋を使用するためコストが高くなりますが、ハレーサルトボックスカルバートを採用することによって大幅なコストダウンを図ることができました。


参考断面図



施工実績写真

1. 施工状況


大型2分割ボックスカルバート上部材の仮置き状況。


2. 施工状況


製品刻印:ハレーサルト仕様の刻印。


3. 施工状況


鉄板のかかっている箇所が1期施工箇所です。片側交互通行で交通開放しながら2期施工を行いました。


4. 設置完了


2期施工分設置完了後の状況

塩害によるコンクリート製品等の劣化に対する更新・リニューアルをお考えの際には是非ご一報ください。



そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

交通遮断なし! 道路災害復旧工法の事例ご紹介

今回は岩手県において、災害復旧に採用された大型ブロック積み擁壁の施工実績をご紹介します。

平成28年8月の台風10号で被災した国道340号はバス路線でもあり、路肩崩壊箇所の早期復旧が求められました。

技術情報

2018年10月26日 

3Dイメージを回して製品形状を確認! のご紹介


2018年09月19日 

連結力の高さを実証!置式仮設柵用基礎「GUブロック」 のご紹介


2018年08月22日 

漁港プレキャスト工法研究会「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」『港湾直立護岸パネル』が第2回「インフラメンテナンス大賞」<農林水産省>特別賞を受賞しました。(外部リンク:国土交通省サイトへ)


2018年08月21日 

集水能力の優れた側溝蓋 流レール蓋 施工実績のご紹介


2018年07月11日 

護岸ブロック明度測定結果 情報を更新しました。


新着情報

2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。


2018年05月23日 

簡易張り出し車道 ロードプラスの実績写真を2件追加しました。


2018年01月31日 

構造物据付工法 サンKクリア工法の実績写真を2件追加しました。