排水性・安全性向上!トンネルに適した道路側溝(2015年5月記事再アップ)

排水性・安全性向上!トンネルに適した道路側溝(2015年5月記事再アップ)

排水性・安全性向上!トンネルに適した道路側溝


山口県


山口営業所の三上です。今回はトンネルで採用された管渠型側溝「セーフティドレーン」をご紹介いたします。

スリットによる高い排水性能を持ち、交通事故の防止・低減を図る「あんしんバリアー工法」が採用された側溝です。
従来の現場打ちや円形水路と比較して、コンパクトな断面でスペースを有効に活用できます。

トンネルをはじめ、市街地で埋設構造物の制約がある箇所などで是非ご検討ください。


セーフティドレーンの特長

セーフティドレーンは、特殊梁構造によりトンネル内のコンクリート舗装用フィニッシャのような大型重機の側方通過にも耐えられる道路用側溝です。
専用縁石との組み合わせによりスリムな断面構築が可能なため限られた用地に適し、スリットによる高い排水性を有しています。

1.排水性に優れたスリットと断面形状

2.特殊梁構造による耐荷重性能と軽量化の両立

3.コンパクトな断面でトータルコスト抑制

4.音と振動で危険を知らせるあんしんバリアー工法


現場打ち水路に比べて空間を広く利用できます


施工実績情報
発注者:山口県下関土木建築事務所
工事名:一般国道435号道路改良(楢原トンネル)工事
施工場所:山口県
製品:セーフティドレーン SD200
施工延長:232m(トンネル)
参考断面図(SD200)


施工実績写真


トンネル延長約230mの両側にセーフティドレーンが施工されています。
φ200に相当するSD200は製品幅300mm、高さ400mmでスリムなため、トンネル断面を有効に利用できます。


管理桝


側溝天端には逸脱防止・軽減用の凹凸があります。音と振動で危険をドライバーに知らせます。
※あんしんバリアー工法NETIS:HR-110017-A


カーブ施工状況(R600)


<営業イチ押し製品>

■セーフティドレーン製品情報

■セーフティドレーン実績写真

そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ