交通の早期開放が可能な既設側溝のリニューアル工法(2014年8月記事再アップ)

交通の早期開放が可能な既設側溝のリニューアル工法(2014年8月記事再アップ)

交通の早期開放が可能な既設側溝のリニューアル工法


鳥取県東伯郡


山陰営業所の小林です。
アジャスタースラブは、老朽化した場所打ち水路などを暗渠化することで歩行者の安全を確保し、スリットによる排水性に優れた側溝改修工法です。
今回は、県道に隣接した民地との間にある既設開渠水路を改修されました施工実績をご紹介します。
老朽化対策をご検討の方は、ご一報ください。現場に合わせた施工工法をご提案させていただきます。

施工実績写真
施工場所:鳥取県東伯郡三朝町大瀬
製品:場所打ち側溝改修工法「アジャスタースラブ」B600、B550
施工延長:232m
工事概要:現場は県道に隣接した民地との間にある既設開渠水路を暗渠水路に改修し地域住民の安全確保を目的とした工事です。
採用理由:

路へ民家が隣接している為、大規模な水路の取り壊しは不可能な現場でした。既存の現場打ち水路を生かし蓋部分を取り換える計画となり、「アジャスタースラブ」を提案しました。

・スリット線排水の為民家へ路面排水が越流しないこと

・最小限の床堀で施工が行なえ、交通の支障が少ないこと

・プレキャスト製品で工期が短縮できること

施工業者様の声:既存の現場打ち水路を生かし蓋部分を製品に変えることにより問題を解決する事が出来ました。施工も計画より早い施工が出来ました。
地域住民の方の声:蓋のガタツキ音や、路面からの雨水侵入がなくなったと評価をいただきました。
施工実績写真

1. 施工前


県道に隣接した民家の側溝(幅300)を暗渠化して改修します。

2. 施工前


改修前は、出入り口部分にコンクリート蓋がかかっており、民家へ路面排水が越流していました。

3. 施工中


まず、既設側溝の天端を取り壊します。
床堀りが少なく交通への影響を最小限に抑えています。

4. 施工中


天端カット部分を無収縮モルタルで平滑に仕上げます。

5. 施工中


インサート、高さ調整金具を取り付けます。

6. 施工中


両側に支承ゴムを設置します。
蓋設置後にモルタルを充填する際に、型枠設置が不要となり、作業性が向上します。

7. 施工中


高さ調整金具で位置を合わせながら、アジャスタースラブを設置します。
高さを調整し、ボルト固定後、製品と側溝の隙間には無収縮モルタルのグラウトを充填します。

8. 施工中


周囲を仮復旧して、交通への支障を抑えることができます。

9. 施工完了


側溝を暗渠化することで歩行者の安全性が向上しました。
スリット側溝で、蓋のガタツキ音や、路面からの雨水侵入がなくなりました。


製品紹介


民家への越流を解消したい、既設側溝を活かして改修したいなどでお困りの現場がございましたら、お気軽に営業担当までご相談ください。

そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

地山の掘削が最小限で施工できるエコボックス逆台形式直積み擁壁 のご紹介

今回は、配水施設の配水池建て替え事業に伴う造成工事において、地山の掘削が最小限で施工できるエコボックス逆台形式直積み擁壁の実績をご紹介いたします。

技術情報

2021年11月24日 

残存型枠プロテロック 標準施工フロー動画掲載 のご紹介


2021年10月28日 

地山の掘削が最小限で施工できるエコボックス逆台形式直積み擁壁 のご紹介


2021年08月10日 

歩行者の安全確保のためにGUブロック(NETIS:T-160028-VE)にて歩車道を分離 のご紹介


2021年07月06日 

グリーンインフラとは? 要素技術 のご紹介


2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(OHK岡山放送「梅雨からカエルを守る!「優しい」コンクリート製品とは?【岡山・真庭市】」へリンク)


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。