堤防のドレーン工カゴボックス多段積みタイプ実績紹介(2011年5月記事再アップ)

堤防のドレーン工カゴボックス多段積みタイプ実績紹介(2011年5月記事再アップ)

堤防のドレーン工 カゴボックス多段積みタイプ 実績紹介


岡山県倉敷市


現場を担当しました岡山営業所の岡本です。

2つの工区でカゴボックス多段積みタイプを約1300個採用頂きました。施工も非常に速く進み、搬入が間に合わないかと思うくらい大変でしたが、非常に手際よく施工して頂いたので気持ちが良かったです。堤防が強化されたことで、地元の方々の洪水に対する安全が確保されたことはとてもうれしく思います。


施工実績紹介
工事概要: 岡山県の西を南北に流れる一級河川高梁川の堤防補強工事で採用して頂きました。この工事は洪水時に河川水位が上がることにより堤防内に溜まる水を速やかに排水させるためのもので砕石層を堤内側に設置します。
採用理由:

カゴボックス(多段積みタイプ)が採用された大きな理由は以下の通りです。

(1) 鉄線カゴでは、車が衝突したときに鉄線が破れて中の石がこぼれてしまう。

(2) 鉄線の破損で通行人や車が引っ掛けてしまって怪我や事故に繋がる可能性がある。

(3) 道路を利用する車や人が多いので、工期を短縮したかった。

(4) この製品の前面模様が景観に配慮されていた。

施工業者様の声:

面白い製品ですね!製品を積み重ねるときに上面の石を平滑に仕上げないといけないですが、上下のジョイントに工夫がされていて施工がし易かったです。

これなら工期の短縮もできますね。・・・とのコメントを頂きました。


1.単品図

カゴボックス多段積みタイプは前面、側面、底部に開口があり、排水機能は十分です。


2.施工中


上下のジョイントピンによるガイドがあるため、非常に施工が容易です。


3.施工完了後



地元の方々の洪水に対する安全が確保されました。


<営業イチ押し製品>

 カゴボックス多段積みタイプ 製品情報へ

 カゴボックス多段積みタイプ 実績写真へ


そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

交通遮断なし! 道路災害復旧工法の事例ご紹介

今回は岩手県において、災害復旧に採用された大型ブロック積み擁壁の施工実績をご紹介します。

平成28年8月の台風10号で被災した国道340号はバス路線でもあり、路肩崩壊箇所の早期復旧が求められました。

技術情報

2018年10月26日 

3Dイメージを回して製品形状を確認! のご紹介


2018年09月19日 

連結力の高さを実証!置式仮設柵用基礎「GUブロック」 のご紹介


2018年08月22日 

漁港プレキャスト工法研究会「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」『港湾直立護岸パネル』が第2回「インフラメンテナンス大賞」<農林水産省>特別賞を受賞しました。(外部リンク:国土交通省サイトへ)


2018年08月21日 

集水能力の優れた側溝蓋 流レール蓋 施工実績のご紹介


2018年07月11日 

護岸ブロック明度測定結果 情報を更新しました。


新着情報

2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。


2018年05月23日 

簡易張り出し車道 ロードプラスの実績写真を2件追加しました。


2018年01月31日 

構造物据付工法 サンKクリア工法の実績写真を2件追加しました。