環境配慮型コンクリート | CO2-SUICOM(スイコム)

環境配慮型コンクリート | CO2-SUICOM(スイコム)

CO2-SUICOM

NETIS CG-140005-A

NETIS CG-160001-A

icon.jpg

特長

 環境配慮型コンクリート「CO2-SUICOM」は、経済産業省の公募事業である「平成26年度二酸化炭素回収・貯蔵実証総合推進事業補助金(二酸化炭素固定化・有効利用技術実証支援事業)」に採択され、デンカ株式会社(本社:東京都中央区)、鹿島建設株式会社(本社:東京都港区)、中国電力株式会社(本社:広島県広島市)、当社の4社で開発・実証実験に取り組んでいます。 

1.セメント使用量を大幅に削減し、CO2排出量を低減
 コンクリートの主な構成材料であるセメントの代替材料として、化学工場からでる副生消石灰を原料とする特殊混和材※1、石炭灰※2、その他の産業副産物を利用することで、セメント使用量を大幅に低減します。

2.コンクリート製造時に大量のCO2を吸収・固定
 原料の特殊混和材はCO2と接触するとCO2を吸収(炭酸化反応)して硬化し、コンクリートを硬化・緻密化させる性質を持っています。この性質を利用し、特殊混和材を用いたコンクリートにCO2が含まれる排気ガスを接触させ、強制的に吸収・反応させて養生します。これを炭酸化養生※3と言います。これにより大量のCO2をコンクリート中に吸収させることが可能です。

※1 特殊混和材:炭酸イオンと反応することで組織を緻密化させるγ-2Cao・SiO2を利用しています。
※2 石炭灰:石炭火力発電所から排出される石炭灰を多量に混合しています。
※3 炭酸化養生:排気ガスを炭酸化養生システムに吹き込み、排気ガス中のCO2をコンクリートに固定させます。

※本ページに使用している画像、写真はCO2-SUICOMのカタログから引用しています。

認定情報

NETIS 登録番号:CG-140005-A
CO2-SUICOM(シーオーツースイコム)を用いた歩車道境界ブロック
製造時にCO2排出量をゼロ以下にできる環境配慮型歩車道境界ブロック
NETIS 登録番号:CG-160001-A
CO2-SUICOMを用いたインターロッキングブロック
製造時にCO2排出量をゼロ以下にできる環境配慮型インターロッキングブロック
受賞歴 平成23年度 土木学会第19回地球環境シンポジウム技術賞
平成24年度 電力土木技術協会高橋賞
平成24年度 リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞
平成24年度 土木学会賞(環境賞)
平成25年度 エンジニアリング功労者賞(環境賞)
平成26年度 地球温暖化防止活動環境大臣表彰
平成27年度 第13回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)受賞(PDF)

販売エリア

東北、関東、岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

CADデータ

カタログ

施工概要

実績写真

概要・設計条件


効果
概要・設計条件

福山太陽光発電所
概要・設計条件

宇部太陽光発電所
概要・設計条件
概要・設計条件

関連リンク


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

民家に近接した擁壁上部の車道拡幅 のご紹介

大阪営業所の梅田です。
今回は京都府相楽郡和束町において、和束小学校・和束中学校の通学路であり、道路が狭いという課題に対する道路拡幅に採用されたロードプラスの施工実績をご紹介します。

技術情報

2020年01月17日 

張出歩道「セーフティロード」一部規格の取扱い終了について(PDF)


2019年10月07日 

パネル展示を行いました! 日本オオサンショウウオの会 真庭大会


2019年06月19日 

民家に近接した擁壁上部の車道拡幅 のご紹介


2019年05月31日 

佐波川総合水防演習でパネル展示を行いました!


2019年05月13日 

大型積みブロックで調整池護岸構築を提案 のご紹介


新着情報

2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。


2019年10月01日 

山口営業所 移転いたしました。


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)


2018年11月23日 

小動物保護側溝ハイダセールが、日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 - 2018年11月22日放送分にて、クイズの問題として紹介されました。