道路や河川法面への雑草対策・防止 | グラストップ

道路や河川法面への雑草対策・防止 | グラストップ

グラストップ

NETIS CB-190013-A

グラストップ.JPG

特長

1.道路の法尻や法肩にグラストップを設置するだけで、簡単に雑草の生育を抑止することができますので、法面のメンテナンスが必要なくなり、維持管理費が軽減されます。

2.グラストップの表面はノンスリップ効果がある石面形状で、小動物や昆虫の移動を妨げることがなく、溝部分から適度な草の成長もあり、環境破壊を起こしません。また、景観的に配慮された形状・カラーは周囲の環境を損なわず、自然と調和した空間を演出します。

3.グラストップは1枚当たりの重量が24㎏と軽く、フレキシブル性のあるグラストップは、多少の起伏やスロープでも簡単に施工できます。また、製品には特殊合成樹脂ネットを使用していますので、錆等の発生がなく、簡単に切断施工ができます。

認定情報

兵庫県新技術・新工法システム 登録番号:040136
兵庫県新技術・新工法活用システム
NETIS 登録番号:CB-190013-A
グラストップSLタイプ:道路法面または河川護岸の上部に使用できるモルタル平板と雑草抑止シートを一体型にした雑草抑止を目的とした製品。
CB-190013-A
NETIS掲載期間終了技術 登録番号:CG-990006-VE

販売エリア

東北、関東、岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

概要・設計条件

概要・設計条件

関連製品

関連リンク