狭あい道路拡幅のご紹介

狭あい道路拡幅のご紹介

狭あい道路拡幅事例のご紹介

皆様のお住まいの地域で、狭隘でお困りな道路はございませんか?


張り出し車道と直積み擁壁による道路拡幅事例

狭隘(きょうあい)道路とは、道幅が狭く、ゆとりがない狭い道路のことを指します。

例えば、対面通行の場合は大型車両がすれ違いができない、一方通行の場合は大型自動車の通行が不可なほど狭い道路を指し、危険と隣り合わせの道路です。


こんなにある『狭あい道路』

山間部の離合が困難な道路、水路・河川沿いの狭い道路、都市部・住宅地の右左折が困難な交差点など、もっと安心して利用したい狭隘道路はこんなにあります。


山間部

カーブ部があぶない!


河川沿い

民家と河川に挟まれて狭い


水路沿い

防護柵がなく走行危険


山間部

待避所が欲しい


山間部

交通量が多いのに一部狭い


山間部

迂回路がない生活道路


このような狭隘道路の場合は、プレキャストコンクリート製品を活用することで、拡幅が可能となったり、片側通行を確保して工事することが可能となります。


狭あい道路拡幅 イメージ


1.張り出し車道工法

張り出し構造のため、概ね既設擁壁を残したまま道路拡幅することが可能で経済的です。


上図は、ロードプラス1000を使用した場合のイメージ図です。







2.直積み擁壁構築

逆台形式直積み擁壁は掘削幅を最小限に抑えることが可能で経済的です。








道路拡幅でお困りの場合は、お気軽にご相談ください。

現場にあった施工工法をご提案させていただきます。


■関連製品

【製品紹介】張り出し車道床版「ロードプラス」(T-25)

【工法紹介】逆台形式直積み擁壁「エコボックス」


会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介

山口営業所の三上です。

ボックスカルバートなどの施工時、当初想定していなかった埋設ケーブルなどで工法再検討された経験はありませんか。
埋設されていた通信ケーブルにより当初計画の通常施工が困難となった箇所において、ボックスベアリング横引き工法の採用により、構造を変更することなくボックスカルバートを施工した事例を紹介します。

技術情報

2021年07月06日 

グリーンインフラとは? 要素技術 のご紹介


2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


2021年06月09日 

流域治水への転換 ハード対策における関連技術 のご紹介


2021年05月10日 

国土交通省「コンクリート生産性向上検討協議会」にて大型構造物へのPCa製品の導入促進を検討 のご紹介


2021年04月28日 

ハレーサルトプレキャスト床版が国土交通省新技術情報提供システムNETIS登録となりました。


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(FNNプライムオンラインへリンク)


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。