災害復旧・減災防災特集 『砂防堰堤』

災害復旧・減災防災特集 『砂防堰堤』

災害復旧・減災防災特集 『砂防堰堤』


近年、降雨が短時間に局地化・集中化し、それによる災害が激甚化しています。

この数年でも、平成27年9月関東・東北豪雨、平成28年8月北海道豪雨、平成29年7月九州北部豪雨と、毎年のように豪雨災害が発生しています。


平成26年8月に広島市を襲った豪雨では、深夜に1時間に100mmを越す累積降雨量を記録しました。


「国土交通省国土地理院 2014年報道発表資料 大雨等による被災地域の空中写真を公開」より写真引用

広島県広島市安佐南区、安佐北区の地域における空中写真


弊社、広島営業所のあります広島市安佐南区でも、数多くの人的被害や家屋の損壊が発生しました。

現在もなお、災害復旧ならびに防災・減災への対策事業は続いています。


山地に降る集中豪雨は、大量の土砂とともに樹木が斜面ごと崩れ、流れ下ります。

そして流木や土砂や瓦礫が川を塞き止め、溢れ出した水が住宅地へと流れ込み、浸水被害を拡大させます。

砂防堰堤を川や渓流の上流に整備することで、豪雨による土石流や流木を堰き止め、下流域への被害を防止・軽減することが可能となります。

大雨による土砂や流木を砂防堰堤が堰き止めた状況

GoogleMap(2017)より 広島県広島市安佐南区の砂防堰堤整備状況の一部

(赤丸部分に砂防堰堤を整備)


2017年7月、国土交通省は九州北部豪雨で大量の流木による被害を受け、流木を食い止める砂防堰堤による防災・減災対策を全国で進める方針を決め、都道府県に通知しました。

また通知では、砂防堰堤を新たに設置する場合、堰堤中央に鉄柱を立て、水を流す代わりに流木を食い止められる「透過型」と呼ばれるタイプにするよう求めています。

また、すでに設置されているものについては、透過型への改修や鉄柱を追加で設置するよう求めています。

「透過型砂防堰堤の施工事例」

広島県:ウォールパネル



岡山県:ウォールパネル


広島県:プロテロックメーク・ピアスワンダー


ウォールパネルプロテロックメークプロテロックピアスワンダーは、砂防ダムや治山ダム、または擁壁等の構築に使用する埋設型枠です。

埋設型枠として使用することで取り外しが不要となるため、建設副産物の発生を削減します。

パネル内側での作業となるため、足場を必要とせず、安全な施工が行えます。



 →ウォールパネルの製品情報はこちら


 →プロテロックメーク・プロテロックピアスワンダーの製品情報はこちら


 →災害復旧 減災防災のリンクページはこちら


国土交通省 水災害に関する防災・減災対策本部

http://www.mlit.go.jp/river/bousai/bousai-gensai/index.html


国土交通省ハザードマップポータルサイト ~地域のハザードマップを入手する~

https://disaportal.gsi.go.jp/