プレキャスト桟橋 実績一覧

プレキャスト桟橋 実績一覧

プレキャスト桟橋 実績一覧

詳細な写真はこちら

一般名称 塩害対応 プレキャスト桟橋
製品名 プレキャスト桟橋
発注者 国土交通省関東地方整備局東京空港整備事務所
施工場所 東京都
数量 重量:18.7t/基 製作総数:20基
概要 桟橋の杭頭部プレキャスト化事例紹介
東京国際空港D滑走路建設外工事係留施設
<工事目的>
本工事は、東京国際空港D滑走路建設外工事における係留施設(船を岸壁につなぎ止める施設)の建設工事です。
D滑走路工事中は、監督用交通船【対象船舶最大総トン数(GT)132t級】を係留しています。
今回は係留施設の「桟橋」の梁受台となる杭頭部をプレキャスト化しています。
リンク

詳細な写真はこちら

一般名称 塩害対応 プレキャスト桟橋
製品名 プレキャスト桟橋
発注者 民間
施工場所 岡山県
数量
概要 荷役桟橋のプレキャスト化
桟橋のハーフプレキャスト化の目的
(1)一般に港湾工事は、気象・海象の影響を受けやすく陸上工事と比較し施工能力が劣ることが多いです。特に上部工(スラブ、梁)が大断面となる場合、支保工・型枠工の仕様が大規模となり、海上での施工期間が長期に渡ります。
(2)一部の構造物は海面下であるため、支保工・型枠工等の仮設材は、波力・潮流による力等に対して安全な構造とする必要があり、台風等の荒天候には飛散防止のため撤去する必要がある等、天候が工程に及ぼす影響が非常に大きいとされています。
→以上のような海上工事に関わる問題を軽減するため、上部工を可能な限りプレキャスト化し、杭とスラブの接合部など必要最小部分のみを海上にて施工するハーフプレキャスト化工法を採用して工期短縮を図りました。
リンク