海上での足場・支保工を省いた残存型枠による桟橋増設工事のご紹介

海上での足場・支保工を省いた残存型枠による桟橋増設工事のご紹介

海上での足場・支保工を省いた残存型枠による桟橋増設工事のご紹介


広島県


グループ営業推進部の松原です。

今回は沿岸企業の桟橋改修工事の桟橋底型枠において、プレキャスト残存型枠工法で施工することで型枠・支保工の設置を省力化された実績をご紹介します。


施工実績紹介
発注者:民間(株式会社三和ドック)
工事名:桟橋改修工事
施工場所:広島県
製品:桟橋底型枠 88枚
工事概要:桟橋の既設箇所の増設
採用理由:

構造物の下面が海面より下(海中)となり、在来工法での型枠・支保設置が困難であるため、プレキャスト残存型枠工法が採用されました。

・ブラケット、H形鋼の支保工を省略し、水中作業を軽減するため

・コンクリート打設後、底型枠を外す必要がないため


施工実績写真

1.施工状況



2.施工状況


大潮でも問題なく設置できます。


3.施工状況


4.施工状況


製品間の接合(フランジボルト)陸上作業員が濡れずに作業可能


5.施工状況


底型枠設置後、配筋、コンクリート打設します。


6.全景写真




そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

歩行者の安全確保のためにGUブロック(NETIS:T-160028-VE)にて歩車道を分離 のご紹介

今回は、歩行者の安全確保のために採用されましたガードレール連続基礎ブロック(GUブロック)のご紹介を致します。

技術情報

2021年08月10日 

歩行者の安全確保のためにGUブロック(NETIS:T-160028-VE)にて歩車道を分離 のご紹介


2021年07月06日 

グリーンインフラとは? 要素技術 のご紹介


2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


2021年06月09日 

流域治水への転換 ハード対策における関連技術 のご紹介


2021年05月10日 

国土交通省「コンクリート生産性向上検討協議会」にて大型構造物へのPCa製品の導入促進を検討 のご紹介


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(OHK岡山放送「梅雨からカエルを守る!「優しい」コンクリート製品とは?【岡山・真庭市】」へリンク)


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。