海上での足場・支保工を省いた残存型枠による桟橋増設工事のご紹介

海上での足場・支保工を省いた残存型枠による桟橋増設工事のご紹介

海上での足場・支保工を省いた残存型枠による桟橋増設工事のご紹介


広島県


グループ営業推進部の松原です。

今回は沿岸企業の桟橋改修工事の桟橋底型枠において、プレキャスト残存型枠工法で施工することで型枠・支保工の設置を省力化された実績をご紹介します。


施工実績紹介
発注者:民間(株式会社三和ドック)
工事名:桟橋改修工事
施工場所:広島県
製品:桟橋底型枠 88枚
工事概要:桟橋の既設箇所の増設
採用理由:

構造物の下面が海面より下(海中)となり、在来工法での型枠・支保設置が困難であるため、プレキャスト残存型枠工法が採用されました。

・ブラケット、H形鋼の支保工を省略し、水中作業を軽減するため

・コンクリート打設後、底型枠を外す必要がないため


施工実績写真

1.施工状況



2.施工状況


大潮でも問題なく設置できます。


3.施工状況


4.施工状況


製品間の接合(フランジボルト)陸上作業員が濡れずに作業可能


5.施工状況


底型枠設置後、配筋、コンクリート打設します。


6.全景写真




そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ