小型スリット側溝 | レインゲッター

小型スリット側溝 | レインゲッター

レインゲッター

レインゲッター.jpg

特長

1.優れた排水性
・ 路面の雨水は、レインゲッター上部のスリット及び側面の開口穴により、速やかに導水させます。
・ レインゲッターは通水断面が卵形をしているため水理特性に優れ流水した雨水を直ちに排水できます。
・ レインゲッター上部のスリット開口幅が狭いためゴミ等の入溝が少なく、排水障害を抑止します。【スリット幅10mm】

2.高い安全性
・ レインゲッター上面にはノスキッド模様を採用し、滑り止め効果が高く、歩行者の転倒防止が期待できます。
・ スリットにより速やかに排水が行われるため水溜りができにくく、車輌のスリップ防止や車輌通行による水跳ねを軽減できます。

3.確かな止水性
・ スリット側溝本体と一体化されたPSPパッキンは、連結金具による引き寄せ効果で高い止水性を発揮します。

4.分割による自在性
・ スリット側溝と縁石は分割されるため、区画変更による縁石の移設や破損による取替えも容易に行えます。

認定情報

鳥取県新技術・新工法及びリサイクル製品システム 登録番号:MA200307-27
レインゲッター

販売エリア

東北、関東、岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

概要・設計条件

概要・設計条件

側溝清掃状況
概要・設計条件

関連製品

関連リンク


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

歩行者の安全確保のためにGUブロック(NETIS:T-160028-VE)にて歩車道を分離 のご紹介

今回は、歩行者の安全確保のために採用されましたガードレール連続基礎ブロック(GUブロック)のご紹介を致します。

技術情報

2021年08月10日 

歩行者の安全確保のためにGUブロック(NETIS:T-160028-VE)にて歩車道を分離 のご紹介


2021年07月06日 

グリーンインフラとは? 要素技術 のご紹介


2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


2021年06月09日 

流域治水への転換 ハード対策における関連技術 のご紹介


2021年05月10日 

国土交通省「コンクリート生産性向上検討協議会」にて大型構造物へのPCa製品の導入促進を検討 のご紹介


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(OHK岡山放送「梅雨からカエルを守る!「優しい」コンクリート製品とは?【岡山・真庭市】」へリンク)


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。