災害復旧・減災防災特集 『雨水貯留製品』

災害復旧・減災防災特集 『雨水貯留製品』

災害復旧・減災防災特集 『雨水貯留製品』

内閣府:豪雨で冠水した都市部の道路より


全国各地で総雨量1,000mmを超える大雨が毎年のように発生し、大規模な水害や土砂災害が発生しています。

何度となく、ゲリラ豪雨による都市部の冠水や浸水被害の情報が流れました。

東京都においては、神田川、目黒川、渋谷川・古川、立会川、呑川、内川流域での被害は、年平均100平方kmあたり20億円の被害額となっているそうです。

今世紀末までには大雨による降水量は全国平均で10.3〜25.5%増加し、時間雨量50mm以上の降雨の発生回数は約2.7倍になるだろうとの予測が環境庁・気象庁より示されており、全国の都市部において豪雨対策は急務となります。

国土交通省荒川下流河川事務所:フィクションドキュメンタリー「荒川氾濫」 H29 3 改訂版より


山間地や平野部の農地では、水田、畑、果樹園などは地表面上への雨水の一時貯留,また地中へ浸透させる働きを持っていますのである程度の降水量に耐えることができますが、都市においては、地表がアスファルトやコンクリートで舗装されており、水を浸透、吸収することができないため、下水管や雨水管や雨水幹線を整備し、防災調整池や雨水貯水槽に一時的に貯留し徐々に流す、あるいは地中に徐々に浸透させる必要があります。


プレキャスト遊水池は耐震性を有し、施工が迅速に行なえ、施設上部の土地の有効利用が可能です。また、空間貯留型のため維持管理が容易です。

適用範囲:流域貯留施設(公園貯留・校庭貯留・駐車場貯留・集合住宅間貯留等)

内空高さ:スタンド型H1.5m~H7.0m ボックス型H1.5m~H4.0m


 →プレキャスト遊水池の製品情報はこちら


宅地造成や商業施設の開発に際し設けられる雨水貯留施設は、用地の有効利用はもちろん経済性が重視されています。「ミニゲート」は耐震性を有し、上部を駐車場や公園等に利用することができる、経済的な自然流下式のプレキャスト地下貯留システムです。

適用範囲:ビル・住宅等貯留施設(地下貯留槽・雨水利用施設等)

内空高さ:H1.0m・H1.5m・H2.0m・H2.5m


 →ミニゲートの製品情報はこちら


 →災害復旧 減災防災のリンクページはこちら


国土交通省 水災害に関する防災・減災対策本部

http://www.mlit.go.jp/river/bousai/bousai-gensai/index.html


国土交通省ハザードマップポータルサイト

~地域のハザードマップを入手する~

https://disaportal.gsi.go.jp/

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

交通遮断なし! 道路災害復旧工法の事例ご紹介

今回は岩手県において、災害復旧に採用された大型ブロック積み擁壁の施工実績をご紹介します。

平成28年8月の台風10号で被災した国道340号はバス路線でもあり、路肩崩壊箇所の早期復旧が求められました。

技術情報

2018年10月26日 

3Dイメージを回して製品形状を確認! のご紹介


2018年09月19日 

連結力の高さを実証!置式仮設柵用基礎「GUブロック」 のご紹介


2018年08月22日 

漁港プレキャスト工法研究会「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」『港湾直立護岸パネル』が第2回「インフラメンテナンス大賞」<農林水産省>特別賞を受賞しました。(外部リンク:国土交通省サイトへ)


2018年08月21日 

集水能力の優れた側溝蓋 流レール蓋 施工実績のご紹介


2018年07月11日 

護岸ブロック明度測定結果 情報を更新しました。


新着情報

2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。


2018年05月23日 

簡易張り出し車道 ロードプラスの実績写真を2件追加しました。


2018年01月31日 

構造物据付工法 サンKクリア工法の実績写真を2件追加しました。