工期短縮事例7桟橋拡張底型枠

工期短縮事例7桟橋拡張底型枠

工期短縮事例7 桟橋拡張底型枠

沿岸部の施工において、プレキャストコンクリート製品は現場打ち水中施工に比べて、型枠底部の脱着の手間省略・安全性・潮間作業が解消され、施工性が向上します。プレキャスト底型枠を用いた桟橋の拡張工事をご紹介します。












■ 工期短縮事例トップへ

■ 大型フリューム水路(FTフリューム)工期比較へ

■ コンクリート床版(ニューフリースラブ)工期比較へ

■ もたれ式擁壁(エコボックス)工期比較へ

■ 張出車道(ロードプラス)工期比較へ

■ 鋼矢板護岸(ハーバーキャップ)工期比較へ

■ 杭頭部ブロック(ハーバーキャップ)工期比較へ

上記比較はあくまで参考ですので、実際は施工現場の条件に応じてご検討ください。


< 関連製品 >

■ プレキャスト桟橋製品情報