緑化や魚の住処等に対応する環境ブロック | ビオトーン

緑化や魚の住処等に対応する環境ブロック | ビオトーン

ビオトーンⅠ型重量タイプ・Ⅳ型

biotone_seihin.jpg

特長

●ビオトーンⅠ型は、表面に設けられた開口穴により石積み護岸と同様の透水性を発揮し、河川と地下水の連続性を保つことができます。
●ビオトーンⅠ型の開口窓は、緑化を目的と下場合には植生の繁茂できる面積を増大させ、継続的な植生回復が期できます。魚巣を目的とした場合には充填された割栗石により多様な空隙が形成され、魚類や昆虫等の様々な水生生物の生息場所となります。
●ビオトーンⅠ型・Ⅳ型の異なる型式の製品でも控え長さが同じであれば組み合わせて使用できます。
●ビオトーンはブロックの左右方向はボルトにより連結され,上下方向は凹凸のかみ合わせ構造なので土圧や流速に対して強固な護岸を構築できます。また、ビオトーンⅠ型は左右のブロック間に胴込コンクリートを打設することが可能なため、練り積み構造の護岸が構築できます。

認定情報

ARIC 登録番号:350
魚巣機能と緑化機能を兼ね備えた環境保全護岸ブロック
農業農村整備民間技術情報データベース
テクスチャー証明書 登録番号:全協テ証第0223号 第0237号
ビオトーンⅠ型重量タイプ 第0223号:輝度の標準偏差(平均) 12
ビオトーンⅣ型 第0237号:輝度の標準偏差(平均) 28
明度証明書 登録番号:全協明証第1471号 第0926号
ビオトーン1型重量タイプ 第1471号:平均明度 5.5
ビオトーンⅣ型 第0926号:平均明度 6.0
山口県認定リサイクル製品 登録番号:152
SYエコ・環境保全型ブロック ビオトーン
NETIS掲載期間終了技術 登録番号:CG-990004

販売エリア

東北、関東、岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

概要・設計条件

概要・設計条件

概要
概要・設計条件

製品吊り上げ方法
概要・設計条件

中詰材・胴込材数量表
概要・設計条件

参考歩掛かり
概要・設計条件

明度証明書
概要・設計条件

テクスチャー証明書
概要・設計条件

関連製品

関連リンク


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

安全・安心な通学路が完成しました のご紹介

広島営業所 岡野です。
今回は廿日市市立大野小学校・大野西中学校の正門前の横断歩道につながる歩道の拡幅工事において、ベアリング横引き工法で施工されたニューセーフティロードと、防護柵基礎スクラムガードをご紹介します。

技術情報

2020年05月07日 

サンKクリア工法で大型張りブロックを安全施工 のご紹介


2020年04月10日 

ハレーサルトによる長寿命、耐塩害のジャケット式桟橋 のご紹介


2020年01月17日 

張出歩道「セーフティロード」一部規格の取扱い終了について(PDF)


2019年10月07日 

パネル展示を行いました! 日本オオサンショウウオの会 真庭大会


2019年06月19日 

民家に近接した擁壁上部の車道拡幅 のご紹介


新着情報

2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。


2019年10月01日 

山口営業所 移転いたしました。


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)