連結ヒンジ型河川護岸用張りブロック | CV絆

連結ヒンジ型河川護岸用張りブロック | CV絆

CV絆

cvkizuna.jpg

特長

■強固でかつ柔軟なかみ合わせ構造
CV絆は、製品どうしのかみ合わせによる連結構造です。
連結金具を使わないため、耐久性・施工性に優れています。
CV絆のヒンジ部は半円柱形状のため、不陸に対する追従性が良好です。
CV絆のヒンジ部はカーブ施工にも柔軟に対応できる形状です。
CV絆のカーブ施工の最小半径は法長の約7倍以上となります。

■従来の張りブロックより施工縮減が可能
法長から施工する場合は、基礎を作る必要がありません。
CV絆は重ねて置くだけの施工なので、水中施工にも対応できます。このため、仮設費の大幅な削減が可能となり全体工費を縮減することができます。
従来通り、基礎を作り下から施工することも可能です。

■環境に調和した構造
CV絆のAブロックをメインに使用することで、約50%の植比率を確保し環境保全型護岸を構築します。空隙部に現地発生土を中詰めすることにより、施工前と変わらなぬ生態環境を創ることが可能です。水中部では、空隙部分が魚類などの隠れ場所にもなり魚巣としての機能も十分です。(植比率:植物が生育することが可能な表面積の割合)
CV絆のBブロックをメインに使用することで、ブロックの表面意匠による護岸を創出します。この場合、雑草が生えにくく維持管理が容易な護岸を構築します。

認定情報

NETIS掲載期間終了技術 登録番号:CG-110014-A

販売エリア

岡山、山陰、広島、近畿、四国

概要・設計条件


製品形状
概要・設計条件

施工方法・参考歩掛
概要・設計条件

曲線施工について
概要・設計条件

実績写真
概要・設計条件

実績写真
概要・設計条件

関連製品


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介

山口営業所の三上です。

ボックスカルバートなどの施工時、当初想定していなかった埋設ケーブルなどで工法再検討された経験はありませんか。
埋設されていた通信ケーブルにより当初計画の通常施工が困難となった箇所において、ボックスベアリング横引き工法の採用により、構造を変更することなくボックスカルバートを施工した事例を紹介します。

技術情報

2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


2021年05月10日 

国土交通省「コンクリート生産性向上検討協議会」にて大型構造物へのPCa製品の導入促進を検討 のご紹介


2021年04月28日 

ハレーサルトプレキャスト床版が国土交通省新技術情報提供システムNETIS登録となりました。


2021年04月22日 

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介


2021年04月16日 

四季の自然に囲まれた兼用護岸 景観に配慮したエコボックス施工事例 のご紹介


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(FNNプライムオンラインへリンク)


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。