高土被り対応 アーチカルバート | ランデス

高土被り対応 アーチカルバート | ランデス

アーチカルバート

アーチ.JPG

特長

1.高い強度と軽量化による経済性
アーチカルバートは、上部がアーチ形をしているため、部材の上部及び側壁に生じる曲げモーメントは、ボックス形に比べて大幅に低減され、高い強度を持つことができます。そのため超高土被りにも充分耐える設計断面も可能となりました。

2.確かな構造による安全性
アーチカルバートは、(社)日本道路協会発行の道路土工カルバート工指針(平成22年3月版)に掲載されており、高土被りにおける合理的な構造をしています。

3.ゴム輪による完全な止水性
アーチカルバートは、継手部にゴム輪を使用するという画期的な方法を採用することにより、高い止水性を確保することができます。

4.ゴム輪の弾性力による可とう性
アーチカルバートは、ゴム輪を使用しているため、地盤の多少の不等沈下に対しても、従来のモルタルコーキングとちがい、ゴム輪の弾性力による可とう性が発揮され漏水の心配がありません。

5.工期の短縮による経済性
アーチカルバートは、ゴム輪を使用するため、継手部にモルタル目地を施す必要がなく、施工が簡単で、工期の短縮による経済性が発揮されます。

認定情報

建設物価 掲載 ※建設物価掲載価格はⅠ型(標準型)及び特厚型です。
NETIS掲載期間終了技術 登録番号:QS-980146

販売エリア

岡山、山陰、広島、山口、四国

概要・設計条件

概要・設計条件

アーチカルバート許容土被り表
概要・設計条件

規格

※アーチカルバートは日本アーチカルバート工業会の規格です

■アーチカルバート工法
概要・設計条件

■横引き工法
概要・設計条件

■門形カルバート
概要・設計条件

関連製品

関連リンク


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介

山口営業所の三上です。

ボックスカルバートなどの施工時、当初想定していなかった埋設ケーブルなどで工法再検討された経験はありませんか。
埋設されていた通信ケーブルにより当初計画の通常施工が困難となった箇所において、ボックスベアリング横引き工法の採用により、構造を変更することなくボックスカルバートを施工した事例を紹介します。

技術情報

2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


2021年05月10日 

国土交通省「コンクリート生産性向上検討協議会」にて大型構造物へのPCa製品の導入促進を検討 のご紹介


2021年04月28日 

ハレーサルトプレキャスト床版が国土交通省新技術情報提供システムNETIS登録となりました。


2021年04月22日 

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介


2021年04月16日 

四季の自然に囲まれた兼用護岸 景観に配慮したエコボックス施工事例 のご紹介


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(FNNプライムオンラインへリンク)


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。