危機管理型ハード対策 堤防法尻の補強 | テトラック法尻ブロック

危機管理型ハード対策 堤防法尻の補強 | テトラック法尻ブロック

テトラック法尻ブロック

NETIS SK-170003-VE

tenj.jpg

特長

1. 堤防上に設置する場合(※1.ページ下部の断面図参照)、突起部以外を堤防内に設置する場合(※2.ページ下部の断面図参照)、また用地境界の位置に対応した断面が可能です。
2. 上端部および平場部端部にすり付けけブロックを使用することで、越流水による上端部の堤防侵食を低減し、平場部端部の流水作用による鉛直方向の侵食を抑えることができます。
3. 透水係数1.0×10-1cm/s以上のポーラスコンクリートであるため、雨水や浸透水の滞留を防ぐことができ、砕石層および水抜き穴は必要ありません。
4. 堤防裏尻基礎ブロックやすり付けブロックを使用することで、現場打ちコンクリートの打設が不要となり、延長方向に進みながら施工が可能で工期が短縮できます。
5. 表面は菱形突起(80mm・50mm)とし、越流水の流速を低減することができます。

認定情報

NETIS 登録番号:SK-170003-VE
危機管理型ハード対策「法尻の補強」
SK-170003-VE

販売エリア

岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国

概要・設計条件


危機管理型ハード対策、粘り強い構造の堤防整備
概要・設計条件

NETIS SK-170003-A 危機管理型ハード対策「法尻の補強」
概要・設計条件

標準断面図
概要・設計条件

配列例
概要・設計条件

関連製品

関連リンク


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介

山口営業所の三上です。

ボックスカルバートなどの施工時、当初想定していなかった埋設ケーブルなどで工法再検討された経験はありませんか。
埋設されていた通信ケーブルにより当初計画の通常施工が困難となった箇所において、ボックスベアリング横引き工法の採用により、構造を変更することなくボックスカルバートを施工した事例を紹介します。

技術情報

2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


2021年05月10日 

国土交通省「コンクリート生産性向上検討協議会」にて大型構造物へのPCa製品の導入促進を検討 のご紹介


2021年04月28日 

ハレーサルトプレキャスト床版が国土交通省新技術情報提供システムNETIS登録となりました。


2021年04月22日 

埋設された光通信ケーブル直下へのボックスカルバート施工【動画有り】 のご紹介


2021年04月16日 

四季の自然に囲まれた兼用護岸 景観に配慮したエコボックス施工事例 のご紹介


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(FNNプライムオンラインへリンク)


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。