危機管理型ハード対策 堤防法尻の補強 | テトラック法尻ブロック

危機管理型ハード対策 堤防法尻の補強 | テトラック法尻ブロック

テトラック法尻ブロック

NETIS SK-170003-A

tenj.jpg

特長

1. 堤防上に設置する場合(※1.ページ下部の断面図参照)、突起部以外を堤防内に設置する場合(※2.ページ下部の断面図参照)、また用地境界の位置に対応した断面が可能です。
2. 上端部および平場部端部にすり付けけブロックを使用することで、越流水による上端部の堤防侵食を低減し、平場部端部の流水作用による鉛直方向の侵食を抑えることができます。
3. 透水係数1.0×10-1cm/s以上のポーラスコンクリートであるため、雨水や浸透水の滞留を防ぐことができ、砕石層および水抜き穴は必要ありません。
4. 堤防裏尻基礎ブロックやすり付けブロックを使用することで、現場打ちコンクリートの打設が不要となり、延長方向に進みながら施工が可能で工期が短縮できます。
5. 表面は菱形突起(80mm・50mm)とし、越流水の流速を低減することができます。

認定情報

NETIS 登録番号:SK-170003-A
危機管理型ハード対策「法尻の補強」
NETIS ホームページ(外部リンク)

販売エリア

岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国

概要・設計条件


危機管理型ハード対策、粘り強い構造の堤防整備
概要・設計条件

NETIS SK-170003-A 危機管理型ハード対策「法尻の補強」
概要・設計条件

標準断面図
概要・設計条件

配列例
概要・設計条件

関連製品

関連リンク


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

安全・安心な通学路が完成しました のご紹介

広島営業所 岡野です。
今回は廿日市市立大野小学校・大野西中学校の正門前の横断歩道につながる歩道の拡幅工事において、ベアリング横引き工法で施工されたニューセーフティロードと、防護柵基礎スクラムガードをご紹介します。

技術情報

2020年06月03日 

安全・安心な通学路が完成しました のご紹介


2020年05月15日 

小規模短スパン橋梁へのボックスカルバート適用事例 のご紹介


2020年05月07日 

サンKクリア工法で大型張りブロックを安全施工 のご紹介


2020年04月10日 

ハレーサルトによる長寿命、耐塩害のジャケット式桟橋 のご紹介


2020年01月17日 

張出歩道「セーフティロード」一部規格の取扱い終了について(PDF)


新着情報

2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。


2019年12月02日 

四国営業所 移転いたしました。


2019年10月01日 

山口営業所 移転いたしました。


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)