ビッグボックス実績紹介(2011年9月記事再アップ)

ビッグボックス実績紹介(2011年9月記事再アップ)

ビッグボックス実績紹介

今回は、大型プレキャストボックスカルバート「ビッグボックス」の施工実績を紹介します。


岡山県津山市


本社営業所の芦田です。

私のイチ押し製品「ビッグボックス」をご紹介します。

「ビッグボックス」は最大内幅11m程度の大型のボックスカルバートを構築することができます。ブロックは、1枚の頂版スラブに両側に立てるスタンドウォール2本の3分割ボックスカルバートです。(底版部は現場打ち)

本現場では大型トレーラーにて搬入し、大型クレーン(120t吊り)を使用して施工しました。事前に施工場所の搬入路や待機場所及び架線の状況等調査し、打ち合わせを入念に行うことで速やかに施工が進み、予定通り据付作業は3日で完了することができました。

この程度のスパンであれば、短スパン橋よりもトータルコストでは優位になる場合がありますので、是非比較検討の一つに加えて頂ければと思います。


参考断面図



施工実績紹介
施工場所:岡山県津山市
数量:11.0m×4.5m L=15m(15本)
工事概要:現場付近の県道は、施工前は1車線幅員の狭小な道路で大型車両が通過する際、離合し難い状況にありました。本工事は、橋梁改修がメインでそれに伴う河川護岸の整備と河川をまたいだ区間の道路改良工事です。既設の橋梁は幅員も1車線と狭く、またかなり老朽化していたことからこれを撤去し、新設する工事となりました。
採用理由:詳細設計の段階ではビッグボックスとプレテンション方式単純床版橋、現場打ちボックスカルバートの3案により比較検討され直工費ベースでのコストでは現場打ちボックスカルバートが優位でしたが、工事中の仮設費用等々考慮した結果、プレキャスト構造の「ビッグボックス」とほぼ同等の工事費となり、工事期間も大幅に短縮(現場打ちボックスに比べ1/5~1/6程度)できることから本技術の採用に至りました。
お客様の声:工期短縮が図れ、通行止め期間が短く助かりました。
施工実績写真

1. 施工中


トップスラブ、スタンドウォールの3分割ボックスカルバートです。

底版に現場打ちコンクリートを打設し一体化します。


2. トップスラブ施工中


トップスラブの重量は17t。

大型クレーン(120t吊り)で据え付けます。

底版配筋後、コンクリートを打設して完了です。


3. 施工完了


一月程度で施工完了しました。

他の現場打ちを必要とする工法に比べて 1/5~1/6の工期です!


4. 施工完了


カルバート内部も護岸ブロックで連続施工しているため、

一見橋梁で施工したようにも見えます。


そのほかの営業イチ押しはこちらからご覧いただけます
営業イチ押しTOPへ

会員ログイン

会員登録フォーム

営業イチ押し

民家に近接した擁壁上部の車道拡幅 のご紹介

大阪営業所の梅田です。
今回は京都府相楽郡和束町において、和束小学校・和束中学校の通学路であり、道路が狭いという課題に対する道路拡幅に採用されたロードプラスの施工実績をご紹介します。

技術情報

2019年05月28日 

「高炉スラグ細骨材を用いたプレキャストコンクリート製品の設計・製造・施工指針(案)」講習会の開催(外部リンク:ハレーサルト工業会)


2019年05月13日 

大型積みブロックで調整池護岸構築を提案 のご紹介


2019年03月26日 

置くだけ簡単!GUブロック施工事例 のご紹介


2019年02月19日 

スリップ防止!段差を解消!みんなに優しいスリット側溝 のご紹介


2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)


新着情報

2019年01月09日 

【超耐久性・長寿命コンクリート】ハレーサルト張り出し歩道がNETISにおいて事後評価済み技術「VE」登録となりました(製品ページへ)


2018年11月23日 

小動物保護側溝ハイダセールが、日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 - 2018年11月22日放送分にて、クイズの問題として紹介されました。


2018年08月08日 

ランデス株式会社の SDGs(持続可能な開発目標)に向けてのとりくみを公開しました。


2018年05月24日 

ハレーサルト製品の実積写真を4件追加しました。


2018年05月24日 

エコボックス逆台形式直積み擁壁の実積写真を1件追加しました。