横断方向の連続性を確保した生態系保全護岸ブロック|ブリードロック

横断方向の連続性を確保した生態系保全護岸ブロック|ブリードロック

ブリードロック

ブリードロック.jpg

特長

ブリードロックは斜路で水域と陸域をつなぎます。
水位が変動しても水域と陸域をつなぐ水辺が常に形成され、生物の生息環境が分断されないエコトーンを、連続環境が困難な5分勾配の立ち護岸で実現した画期的な商品です。

1.ブリードロックは5分勾配護岸の前面に緩やかな連続斜路(2割勾配)を形成し、生物の移動路になります。また、表面擬石も連続斜路形状です。

2.水陸の移行帯(エコトーン)には常に緩やかな水辺が形成されるため、生態系の横断方向への連続性を確保します。

3.ブリードロックの連続斜路及び階段状に形成される平坦部は小動物の格好の足がかりになり、水場を形成します。

4.ブリードロックは、水中部では本体の階段形状および擬石突起が流れの陰をつくり、魚類の棲息・避難場所になり、陸上部では礫及び土壌を充填することで早期に植生を回復させ、小動物の棲息・避難場所を形成します

認定情報

ARIC 登録番号:335
河川横断方向への生物の移動連続性を向上させ、生態系に配慮した連続斜路護岸ブロック
農業農村整備民間技術情報データベース
明度証明書 登録番号:全協明証第0879号
平均明度4.0

販売エリア

東北、関東、岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

概要・設計条件

概要・設計条件

カメ 護岸登坂 動画

護岸緑化 経過状況
概要・設計条件

明度証明
概要・設計条件

寸法表
概要・設計条件

製品吊り上げ方法
概要・設計条件

参考歩掛かり
概要・設計条件

関連製品


会員ログイン

会員登録フォーム

SDGsへの取り組み

製品・工法検索ページ

写真条件検索ページ

NETIS特集

営業イチ押し

地山の掘削が最小限で施工できるエコボックス逆台形式直積み擁壁 のご紹介

今回は、配水施設の配水池建て替え事業に伴う造成工事において、地山の掘削が最小限で施工できるエコボックス逆台形式直積み擁壁の実績をご紹介いたします。

技術情報

2021年11月24日 

残存型枠プロテロック 標準施工フロー動画掲載 のご紹介


2021年10月28日 

地山の掘削が最小限で施工できるエコボックス逆台形式直積み擁壁 のご紹介


2021年08月10日 

歩行者の安全確保のためにGUブロック(NETIS:T-160028-VE)にて歩車道を分離 のご紹介


2021年07月06日 

グリーンインフラとは? 要素技術 のご紹介


2021年06月11日 

2020年度土木学会新技術の地域実装促進に関わる研究助成によりハレーサルトPRビデオが完成しました。


新着情報

2021年06月11日 

ハイダセールが岡山放送のニュース番組「OHK Live News」に登場しました(OHK岡山放送「梅雨からカエルを守る!「優しい」コンクリート製品とは?【岡山・真庭市】」へリンク)


2021年06月01日 

ハンドホール販売終了に関するお知らせ


2021年05月24日 

ハイダセールがNHK教育「ピタゴラスイッチ」に登場しました!(PDFリンク)


2020年04月15日 

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」に対する弊社対応について(PDF)


2019年12月13日 

NHK岡山NEWS WEB「県でもCO2削減の取り組み」にてランデスの取り組みが紹介されました。