張出梁式道路拡幅工法 | キャンティー工法

張出梁式道路拡幅工法 | キャンティー工法

キャンティー工法

キャンティ工法.jpg

特長

キャンティー工法は、地形の厳しい条件下または切盛土をあまりしたくない場所で、比較的容易に拡幅を行える工法です。

プレキャスト化したキャンティー部材を既設道路に設置していくもので、形式は現道を支持点とした片持梁となります。
そのため、山側支点において負反力が生じやすく、その負反力をロックアンカーを用いることにより対処する形式となっています。

また、谷側が中硬岩の場合は基礎コンクリート、風化岩及び土砂の場合は基礎コンクリート程度のものでは永久構造物として不安定なため、杭による支点としています。

認定情報

NETIS掲載期間終了技術 登録番号:HR-990060-A

販売エリア

東北、関東、岡山、山陰、広島、山口、近畿、四国、九州

概要・設計条件

概要・設計条件
概要・設計条件

関連製品