車両用防護柵連続基礎(ガードパイプ・ガードレール) | スクラムガード
TOPページ
製品情報 実績紹介 製品検索 技術情報・CAD ニュース お問合せ

製品情報
カルバート
環 境
擁 壁
道 路
貯留システム
法 面
下水道関連
水路農業用
海洋構造物
技術・工法
ハレーサルト製品

会員募集

道路関連紹介
 
ガードレール基礎
プレガードII
※路肩部や擁壁上部など、製品前面を埋め戻さない場合
TOP>コンクリート製品情報>道路>プレキャストガードレール連続基礎 スクラムガード
ガードパイプ・ガードレール
連続基礎

スクラムガード
       
       
 
       
     

 「車両用防護柵標準仕様・同解説」の基準に対応。歩道と車道との分離における車両用防護柵基礎です。現場打ち連続基礎に比べ、型枠設置やコンクリート養生に要する時間を短縮でき、工期短縮が図れます。
特  長 (現場打ち防護柵基礎と比較して)

歩道と車道との分離部における車両用防護柵基礎として、連続基礎を構築します。
プレキャスト製品のため、現場打ち連続基礎に比べ、型枠の設置やコンクリートの養生に要する時間を短縮でき、工期短縮が図れます。
従来の現場打ち連続基礎に比べて小断面のため、道路幅員を有効に使用できます。
施工延長に応じた規格を5種類用意しておりますので、経済的な断面の選定が可能です。
製品の連結部は連結用部材を用いたボルト固定のため、取替が用意に行えます。
曲線施工にも対応できます
(内カーブ:R=11m, 外カーブ:R=13m)
車両用防護柵標準仕様・同解説(平成16年3月、社団法人日本道路協会)、防護柵の設置基準・同解説(平成20年1月、社団法人日本道路協会)に準じております。
■ 歩車道分離帯に使用 ■ 地下埋設物がある場合
■ 側溝と併用して使用 ■ 中央分離帯に使用
適用条件

B種およびC種のたわみ性防護柵基礎に利用できます。
道路の区分「その他の道路」
設計速度 一般区間 一般区間
60 km/h以上 適用可(B種用)
50 km/h以上 適用可(C種用) 適用可(B種用※)
※設計速度40km/h以下の道路では、C種用の防護柵を使用することができます。
※高速自動車国道、自動車専用道路には対応していません。
設計条件

・衝突荷重 P=30kN(B種、C種)
・衝突荷重 Hp=0.60m
・摩擦係数 μ=0.6
・単位体積重量 γ=19kN/m3
・せん断抵抗角 φ=30度
 ※受動土圧考慮
・転倒安全率 1.5以上
・滑道安全率 1.5以上
・支持力 必要支持力以上
 
※適用基準書
 車両用防護柵標準仕様・同解説(平成16年3月)
 防護柵の設置基準・同解説(平成20年1月)
適用範囲

歩車道分離帯など、製品前面(車道とは反対側)を埋め戻す場合のみ使用可能です。
※路肩部や擁壁上部など、製品前面を埋め戻さない場合には、「プレガードII」をご使用ください。
 

製品規格 標準用

呼び名 参考質量
( kg )
形状寸法 ( mm )
B2 L1
BC30 674 400 0 1970
BC25 724 450 50 1960
BC20 771 500 100 1950
BC15 867 600 200 1930
BC10 1008 750 350 1900

※端部用、連結部材の規格はカタログを参照してください。
●中央分離帯に使用する場合の注意事項
※中央分離帯に使用する場合の必要連結延長は、下表の通りとなります。
呼び名 必要連結延長
BCm30 30m以上
BCm25 25m以上
BCm22 22m以上
BCm18 18m以上
BCm14 14m以上
施工図

●標準断面図
●平面図・正面図
曲線施工について

●内カーブの場合:11mまで対応可能です。
●外カーブの場合:13mまで対応可能です。
参考歩掛り 10m当たり

名称 規格 単位 数量
世話役 0.14
特殊作業員 0.14
普通作業員 0.53
ラフテレーン
クレーン
4.9t吊り 0.14
諸雑費 4
(注)諸雑費は、労務費・ラフテレーンクレーン賃料の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上する。
施工手順

(1)床掘りおよび基面整正
(2)基礎材の敷設
(3)製品(標準用)の設置
(4)連結部材の設置およびボルトによる締め付け
(5)埋戻しおよび舗装工
(6)支柱の建て込みおよびビームの取付け
性能確認試験 静的載荷試験

スクラムガード

プレガード II
製品ページへ
スクラムガード 製品ページへ

営業イチ押し製品
張り出し歩道同時施工
張り出し歩道同時施工
【営業イチ押し製品コーナーへ】

通学路の安全対策
通学路の安全対策特集へ
【通学路の安全対策特集へ】
プライバシーポリシー会社案内事業所案内リクルート安全上の注意リンク